機能性表示食品とは?

シボヘール 機能性表示食品

「内臓脂肪や体脂肪を分解して燃焼させる」、「ダイエット効果がある」、「血圧を下げる」といった謳い文句の食品を目にしたことはありませんか?
でも、「本当に効果があるのか」、「なぜ効果があるのか」という点について明確な説明がない商品もありますよね?
機能性表示食品とは、事業者がその責任において、科学的根拠に基づく機能性を表示した食品のことです。
国が効果を認めているわけではありませんが、事業者が自身の責任で「この食品にはこういう効果がある」と表示し、販売しています。
これまでも、国の規格基準に合った特定保健用食品や栄養機能食品は販売されていたのですが、商品の選択肢が限られていました。
そこで、機能性が分かりやすく表示されている商品をさらに増やし、消費者の選択肢を増やす目的で、機能性表示食品の制度がスタートしたのです。

 

消費者庁のホームページで届出内容が見られる

機能性表示食品の登録は、消費者庁が行っています。
申請者は、販売開始予定日の60日前までに消費者庁へ資料を提出する必要があり、受理されると届出番号が消費者庁のサイトに掲載されます(資料に不備があると返送される)。
現時点で届出が受理されている食品については、以下のページに一覧が表示されています。
食品ごとに商品名、安全性、効果など詳細な情報を見ることができますから、気になる方はチェックしてみましょう。

 

■消費者庁「機能性表示食品に関する情報」

 

トクホ(特定保健用食品)との違いは?

機能性表示食品とトクホの最大の違いは、「国の審査があるかどうか」という点です。
先に説明した通り、機能性表示食品とは、事業者の責任で機能性を表示している食品を指します。
人間を対象とした臨床試験、あるいは文献や論文の引用によって、機能性に関する科学的な根拠を示す必要がありますが、国が機能性を認めているわけではありません。
一方、トクホは人間を対象とした臨床試験によって科学的な根拠を示す必要があり、消費者庁長官が認可した製品だけが販売されています。
そのため、「健康効果がある」ということを大々的に宣伝できる点がメリットです。
また、機能性表示食品の場合は、申請や届出内容の公開が事業者に義務付けられていますが、トクホの場合は義務付けられていません。

 

栄養機能食品との違いは?

栄養機能食品とは、国の基準値を満たした上で、販売者が任意で効果を表示している食品です。
栄養素についての条件はクリアーしていますが、消費者庁の認可を受けているわけではありません。
そのため、「製品に配合された成分が持つ効果」を表示することしかできません。(「カルシウムは骨や歯を形成するために必要です」など)
つまり、「この成分にはこういう効果があります」という表示はできるのですが、「この食品にはこういう効果があります」とは表示できないのです。
一方、機能性表示食品であれば、国の認可はないものの「食品としての効果」を表示できます。
両者の違いは、効果の表示方法にあるのです。
ちなみに、当サイトでおすすめしているシボヘールは、機能性表示食品に分類されます。
シボヘールに配合された葛の花由来イソフラボンには、お腹周りの脂肪やウエスト周囲径を減らす効果があるため、商品パッケージには「お腹の脂肪を減らす」と明記されています。