シボヘールはどんな効果があるの?糖尿病やメタボ対策は?

シボヘール 効果

肥満は万病のもとと言われており、特に内臓脂肪の蓄積等による肥満(メタボ)は、改善せずにそのまま放っておくとがんや糖尿病になるリスクが高まります。
しかし、メタボ解消のために食事制限や運動をしても、なかなかお腹周りの脂肪が落ちないと感じることはありませんか?
それには原因があるんです。
実は、脂肪を分解・燃焼するために必要な「褐色脂肪細胞」は年齢を重ねると共に減少していきます。
そのため、「脂肪を分解する力」や「脂肪を燃焼する力」は年々衰えていき、以前と同じ食事や運動量ではなかなか脂肪が落ちなくなるのです。
でも、できることなら今より厳しいダイエットをせずに、糖尿病やメタボ対策をしたいですよね。
そんな方におすすめなのが、ハーブ健康本舗の機能性表示食品「シボヘール」です。

 

機能性表示食品ってなに?

機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した商品のことで、販売前に安全性や機能性の科学的根拠に関する情報などが消費者庁長官に届けられています。
機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可を出している特定保健用食品(トクホ)と、国の規格基準に適合した栄養機能食品のみでした。
そこで、今よりも機能性を分かりやすく表示した食品の選択肢を増やすことで、消費者が商品の正しい情報を得て選択できるように「機能性表示食品」の制度ができたのです。
その機能性表示食品であるシボヘールには、脂肪の分解・燃焼を促す効果があると認められた成分(機能性関与成分)の「葛の花由来イソフラボン」が配合されているため、糖尿病やメタボ対策におすすめです。
しかし、シボヘールに科学的な根拠があるといっても「どれくらいの期間で効果が出るのか」「副作用や危険性はないのか」などシボヘールの効果についてまだまだ気になる点があると思います。
そこでこのページでは、シボヘールの効果や副作用を調査し、本当にシボヘールで糖尿病やメタボ対策ができるのかを徹底検証します。

 

シボヘールはどれくらいの期間で効果が出るの?

シボヘールは科学的に効果が認められていますが、飲み始めてからどれくらいの期間で効果が出るのでしょうか。
これを検証するため、実際にシボヘールを使用している人の口コミの中でも、効果が出た期間について触れているものを調査してみました。

 

・1週間飲み続けたけど効果なしなのでやめようと思います。
・1ヶ月分飲み終わりましたが体重に変化がなかった。
・6週間目(約1ヶ月半)くらいでウエストサイズ細くなってきました。
・飲み始めて2ヶ月ですが、きつかったズボンがスルッと入るようになりました。
・3ヶ月経った頃からウエストがスッキリしてきて体脂肪率も減ってきた。

 

これらの口コミをまとめると、シボヘールは1ヶ月未満の短い期間では効果が出にくく、2〜3ヶ月継続することで効果を実感し始める人が多いということがわかりました。
そして、シボヘールに低い評価をしている口コミは、短期間で効果を判断しているものが多い傾向にあり、効果が出る前に「シボヘールは私に合っていない」と諦めてしまったためだと考えられます。

 

また、シボヘールの臨床試験では、8週間と12週間継続した時の「葛の花由来イソフラボン」の効果を検証しており、公式サイトにも毎月の習慣として3ヶ月程度継続することを推奨しています。
このことからも、シボヘールは短期間で急激に痩せるサプリメントではなく、毎日継続することで健康的に脂肪を落とすものだと言えます。

 

サプリメントの効果には個人差がありますが、糖尿病やメタボ対策に悩んでいる方は以上のことを参考にしてみて下さい。

 

シボヘールに含まれる成分

葛の花由来イソフラボンってなに?

シボヘールには、機能性関与成分として葛の花由来のイソフラボンが配合されています。
葛とは秋の七草のひとつで、万病払いの植物として古くから言い伝えられてきました。
葛はこれまで葛根湯など根の部分が多く用いられてきましたが、花の部分にも高い効能があることが研究によってわかり注目され始めています。
イソフラボンという成分は、女性ホルモンである「エストロゲン」と分子構造がよく似ています。
そのため体の中でエストロゲンと同じような働きをし、女性らしさを高めてくれるだけでなく、更年期障害をおだやかにしたり自律神経のバランスを整えます。
そして、これらの働きの他にも「葛の花イソフラボン」は内臓脂肪を減らす以下の3つの効果があることが研究によってわかりました。

 

エネルギーが中性脂肪になるのを抑える

食事で摂り入れたエネルギーが燃焼しきれずに余ってしまうと、肝臓で中性脂肪へと合成されてしまい身体の様々な部分で体脂肪として蓄積されていきます。
「葛の花由来のイソフラボン」は、燃焼しきれなかったエネルギーが中性脂肪になるのを抑制する働きがあります。

 

体脂肪の分解を促進させる

一度身体に蓄積された体脂肪は、「脂肪酸」へと分解しなければエネルギーとして使用することができません。
「葛の花由来のイソフラボン」は、体脂肪から脂肪酸へと分解するのをサポートする働きがあります。

 

褐色脂肪細胞を活発な状態にさせる

体脂肪から脂肪酸へと分解されると、褐色脂肪細胞によって燃焼されます。
「葛の花由来のイソフラボン」はこの褐色脂肪細胞を活発な状態にする働きがあります。

 

シボヘールを飲むと副作用や危険性はある?

以上の検証から、シボヘールは糖尿病やメタボ対策に効果があることがわかりましたが、副作用や危険性はないのでしょうか?
タブレットタイプのサプリメントであるという見た目から、シボヘールは薬だと間違う方もいるようですが、シボヘールは医薬品ではなく機能性表示「食品」です。
つまり、薬ではなく食べ物なのでシボヘールに副作用はありません。
口コミを調査してみても、シボヘールを飲んで副作用が出たという口コミはもちろんありませんでした。
また、シボヘールの中心となる成分は、葛の花という植物由来のものなので、体に負担がかかることはなく危険性もありません。
シボヘールは、効果の科学的根拠だけでなく安全性についても消費者庁に提出している機能性表示食品なので、安心して使用することができますね。

 

シボヘールでの糖尿病やメタボ対策に向かない人

・未成年の方
・短期間で脂肪を落としたい方
・妊娠中・授乳中の方

 

シボヘールは年を重ねるにつれ衰えてくる脂肪を分解・燃焼する力を促進させるサプリメントなので、未成年の方には効果があまり期待できません。
また、シボヘールは即効性があるものではなく、妊娠中・授乳中を対象に開発された商品ではないので、以上に当てはまる方はシボヘールでの糖尿病やメタボ対策には向いていません。

 

真剣に糖尿病やメタボ対策を考えているけど食事制限や運動をしてもなかなか脂肪が落ちないという方は、一度シボヘールを試してみてはいかがでしょうか。